代表紹介

迫田 和也Kazuya Sakoda

整体院 和-KAZU- 院長
治療院経営 自動安定化の専門家

 

【所有資格・経歴】

・国家資格所持(柔道整復師)

・KTRテクニック施術者

・筋膜ヨガインストラクター

・ファスティングマイスター

 

高校卒業後、18歳で柔道整復師養成学校に入学、午前中は学生をしながら、午後は整骨院で研修生として治療家人生がスタート。

 

3年後、柔道整復師国家資格を取得し、整骨院の分院長として意気揚々と本格的に現場で患者と向き合うが、患者を治せない・・・という壁にぶち当たる。

 

様々な治療技術を勉強するが、なかなか自分の思うようにいかず、とうとうドロップアウト。

 

27歳で、夫婦で2年間の世界一周旅行へ。

 

35カ国を回る中、旅行中に知り合った仲間がぎっくり腰になり、治療を行った結果、病院で注射を受けても良くならなかった腰痛が劇的に改善。

 

『やっぱり自分のやりたいことは治療だ』

 

帰国後、整骨院での分院長をしながら改めて治療技術を勉強しなおし、自身の治療理論を確立。

 

30歳で、神奈川県藤沢市のワンルームマンションの一室にて、整体院 和-KAZU-を開業。

 

当初、整骨院に勤務しながらの週末開業でのスタートだったが、回数券販売による高いリピート率を武器に、営業日数9日の週末開業初月に155万円の売上を記録。

 

それから3ヶ月後の本開業初月には306万円の売上を記録。

その後も300万円の売上を維持し、月の最高売上は361万円

 

開業5ヶ月後には新規患者に対する予約枠がなくなり、同じマンションの隣の部屋に2店舗目を開院。

 

2店舗目スタッフに対して自身の経験で培った回数券販売によるリピートシステムを導入し、 スタッフも週末開業で100万円の売上、本開業初月には200万円の売上を記録。

 

回数券消化後の患者に対する継続回数券販売システム、ファスティングによる体質改善サポートシステムの確立により、スタッフに新規患者を全て渡しても自身の売上は落ちることはなく、2店舗経営で月商547万円を達成。

 

現在は、治療家として整体院の現場で患者に対して治療を行いながら、同業の治療家に対して、その経営ノウハウを教えるコンサルタントとして、治療技術を教えるセミナー講師として活動している。

 

『やればできる』ではなく『やればわかる』がモットー。

 

行動があるから結果がある、成果が出る。

誰にも負けない行動力とスピードが強み。

 

現在、一児のパパでもある。

密かに家族3人での世界一周旅行第2弾を企んでいる。